いつも通りを貫くだけでは、伝統は守れない。
そのことを私たちは伝統的に知っています。

おかげさまで、お得意先との関係や技術力への信頼が長らく続いてゆけるのも、
私たちがいつも「変わること」に寛容であったからこそ。

京都由来。クリエイティブでイノベーティブな風土から
流行りすたりに動じない新しい価値やアイデアをお客さまへお届けします。

これまで通り、これからも。

明治初年に初代旭山・石田才次郎(現会長の曾祖父)が
銅版彫刻印刷を始めて約150年。

明治、大正、昭和、平成と変わりゆく社会のニーズに応じて
私たち写真化学の事業内容も変化し続けてきました。

長年にわたり印刷事業を核としながら、現在の活動領域は広範囲に及びますが
「もの創りの視点」と「人の想いに向き合う姿勢」は
今もこれからも変わることはありません。

〉 写真化学の事業体系