◆ 目視計測でばらつきがある

大腸菌群0.5ミリ以上計測の場合、正確な計測が難しいです。
その日の体調によっては、小さなコロニーを見落とす。

原画像

#
#
#

測定画像

#
#

0.5ミリ以上のコロニー計測が必要な画像

#

自動計測は、周りの環境の影響を受けず、常に0.5ミリ以上の設定であれば、そのコロニーのみを計測します。

解決

コロニーの大きさを設定した個数計測ができるため、見落としの無い安定した計測が可能です。

理由

コロニーの直径を、各コロニーの面積値より計算し、設定した直径のコロニーだけを個数計測します。2値化(コロニーとその他を分離)の係数を固定できるため、培地厚み等が一定であれば、設定したコロニーのみを計測が可能です。

原画像

#
#
#

測定画像

#
#

薄くて小さいコロニー画像

#

全数計測でも、人によりどこまで薄くて小さい物をコロニーとするか異なる場合があります。自動計測では、常に一定化できます。また、手動補正でカウント修正も可能です。

事例に戻る
#