1868 明治初年 石田才次郎(現会長の曾祖父、初代旭山)銅版彫刻印刷を開始、石田旭山印刷所を創業。
1887 明治20年 石版印刷機を設置。「京都名所案内図絵」、村井兄弟商会のタバコのパッケージなど、銅刻印刷、石版印刷による各種の出版物、レッテル、シール、カタログなどを手がける。
1934 昭和9年 石田旭山印刷株式会社となる。
「写真製版用網目スクリーン蝕刻法」の特許が認定。
1937 昭和12年 社内に大日本スクリーン製造所を開設。
1943 昭和18年 大日本スクリーン製造所を分離、法人化して、大日本スクリーン製造株式会社を設立。
1969 昭和44年 京都府知事より「京都府老舗100年記念表彰」を受賞。 大阪営業所を開設。
1970 昭和45年 株式会社写真化学に社名を変更。
1971 昭和46年 本社社屋・工場が完成。東京営業所を開設。
株式会社写真工業を設立。
1986 昭和61年 株式会社写真工業と合併。
1991 平成3年 草津事業所を開設。
1998 平成10年 株式会社フリーダムを子会社化。
株式会社サンエージェンシーを子会社化。
2001 平成13年 ファインテクノロジー事業部およびサーキットボード事業部を分割して、株式会社エスケーエレクトロニクスを設立。
2002 平成14年 衛星画像関連部門を株式会社ジオサイエンスとして分離設立。
2003 平成15年 デザイン・クリエイティブ部門を株式会社ユニクリエイツとして分離設立。
2004 平成16年 本社移転。
2010 平成22年 精密機器部門を株式会社セザックとして分離設立。
2011 平成23年 株式会社フリーダムと株式会社ユニクリエイツを合併し、株式会社プロネストとする。
2011 平成23年 株式会社パウダーシステムズを子会社化。
2014 平成26年 撹拌機部門と株式会社セザックの営業を一本化、プロダクトカンパニーとして創設。
2015 平成27年 株式会社ジオサイエンスの事業をメディアカンパニーへ移管。
2017 平成29年 株式会社プロネストをメディアカンパニーへ統合。
株式会社セザックをプロダクトカンパニーへ統合。
各種粉体関連装置の販売会社として株式会社SKブリッジを設立。
テクノス株式会社を子会社化。
2018 平成30年 台湾・中国への販売子会社として台南市に晟雋創新科技股份有限公司を設立。
3Dセラミック造形事業部門を株式会社エスケーファインとして分離設立。