私たち写真化学は、明治維新という激動の時代に京都で創業しました。

日本の首都が東京へ移り衰退する京都を愁い、多くの企業家たちが近代化施策を進めます。
その中の1人。銅版彫刻の技術を修得して弊社の創業者となった初代旭山 石田才次郎は、さらにその技術を発展させて貢献します。

以来、5代目旭山にいたる長年にわたり、時代の変化に対応し新たな技術を追求し続けるパイオニア精神のもと、先進のエレクトロニクスを応用した事業を多角的に展開してまいりました。

京都から全国、そして世界へ。

旭山が大切にした「人の想いに向き合う姿勢」と「ものづくりの視点」は、写真化学グループのアイデンティティーとしてメディア、プロダクト事業を中心に多様化する分野へ今も社員一人ひとりの活動の全てにそれは息づいています。

この精神を忘れることなく、どのような状況であってもお客さまに支持されるサービスのご提供を通して、共に持続的に成長できる企業を目指し、社員一丸となって真摯に業務に取り組んでまいります。

今後ともご指導・ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

取締役会長 石田 敬輔